LB WORKS ART PROJECT

ART PROJECT CONTENT

2015年1月。東京 幕張メッセにて、毎年行なわれる日本最大の車の祭典(展示会)“TOKYO AUTO SALON”。
2013年、アメリカ ラスベガスにて開催のSEMA SHOWでは、TOYOブース、NITTOブース、そしてDUBマガジンブースと会場をジャックする勢いでLBのカスタムカーが立ち並び、何処も人だかりが絶える事のない4日間が続いた。 今や世界中で利用されるFACEBOOKやInstagramなどのSNSでは、10数万人ものファンが、日々新しいLBのニュースを心待ちにしている。
こうした世界中のカスタムカーファンが注目する中、今年度も多くの車両出展に対し、1台を、311の地震、津波を 忘れないために、3年経った今、改めて“日々を感謝しながら楽しくいこう!”といったテーマカーを、アートとの コラボレーションによって表現し、そのメッセージを世界中に伝えたいというプロジェクトがスタートする。
具体的な展示ブース、展示方法はこれからの調整にはなるが、どうなるか!?どう評価されるか!?はわからない。 しかし、伝えたい気持ちがある。見てもらいたいものがある。
前代未聞のカスタムカーxアート。こうした挑戦のプロジェクトを、プロジェクトチーム撮影班でも記録しながら 秋のアメリカでの晴れ舞台を目指し、動き出す。

ART CONCEPT

まさに、鎧を纏ったLB WORKS GT-R。色彩鮮やかで、“ZENSUI”ならではなペイント。 地面に張り付きそうな低い車両に合う“ZENSUIライン”を施し、戦闘的かつ、意味深い存在感。

日本人をはじめ、世界中の人々が、日々の中で困難に遭遇する。 人は、それを乗り越えて いかなければならない。 楽しい未来に向かって1歩1歩進んで行かなければならない。

そんな時、八百万の神(あらゆるものに神が宿るという考え方。)を思う日本人は、心の支えとして 神を信じる。
「七福神」。 あらゆる“福”(HAPPY)を呼び寄せるとされる神様7人衆。陽気な神々は、荒れる海を共に船に 乗り合っている。 それぞれがさまざまな宝を積み込み、まるで楽しく皆で旅をしているような 1枚の浮世絵。 ZENSUIの手によって車体全体に描く七福神と鮮やかな菊の花。 宝船に見立てられたGT-R。 この作品は、縁起よい七福神宝船そのものに仕上げられる。

後光がさすくらいに鮮やかに。

ART CONCEPT

REPRESENTION MIND

作品の表現を、車全体で試みるというこの度のプロジェクトは、LB加藤の想いと情熱に 心打たれたことに始まる。 これは、“プロジェクトのいきさつ”でも書かれているが、 LB加藤が、311東北地震のあった日に、その地を訪れたことに始まり、その想いをGT-Rに 表現することとなった。

そして、311東北地震、津波被害や、世界中で起こる天災や人災、そして戦争。。。 多くのつらい出来事が日々巡る現代に、
少しでも笑顔でいよう!
少しでも楽しくいこう! こうした想いを、七福神宝船に乗せ、この車両を巡って多くの人に少しでも感動を感じでもらえる ような、そんなテーマの展示、プロモーションになれば感無量。

CONCEPT DESIGN

BEGINNING OF THE PLANNING

世界に衝撃を与え、日本中を哀しみどん底へ落した ”311東北地震” 、そして”津波”。 あの渦巻く波に奪われた、思い出の街や多くの人々の暮らしは、原発問題も含め、未だに復旧は進まない。

2014年3月11日。LB加藤は再び東北の地を訪れた。 あれから3年の月日が経ち、当時ボランティア活動を共にした仲間と、今一度、平和と安全を祈るために。 震災以降、加藤は、自分が携わる“車”というものを通じて、“笑顔” “元気” “勇気” “チャレンジ”といったメッセージを、多くの子供達やその家族に表現してきた。 世界中に数十万といるLBファンや多くの日本人に、日に日に広がっている「彼の想いを込めたパフォーマンス」は、人種や国境を越えて“元気”や“笑顔”の源となり つつある。

薄れていく311の記憶を、“もう一度心に刻み、皆で助け合って、もっと幸せになろう。” こうしたメッセージを、なにか“形”にし、世界に伝えたい。そう、東北の地で心に決めたという。

そして、2014年春。こうした想いを1人のアートペインターに話をする事となる。 それが、このプロジェクトで表現者としてコラボレーションする成田である。 今回、311への加藤の想いを表現する事と、本人のアートテーマの1つである“失われつつある自国のアイデンティティーの復活”という部分に合致し、2人共通の 想いを世界にアクションすることとなった。 成田は、日本の伝統芸術“刺青”をモチーフとした現代ポップアートを主体とし、色合いの美しさと、枠組みを越えた無二なスタイルが特徴なペインターだ。

世界中のBIG SHOWへの参加、展示は、インターネットやSNSによって瞬く間に世界中へ届く現代。 こうしたプロジェクトを、ドキュメンタリービデオにも収め進行していく予定。

想いと形を、どこまでメッセージとして見て、感じてもらえるか!? この未知数な部分に、プロジェクトは突き進む。

PROFILE

株式会社Liberty walk 代表取締役 LB Performance プロデューサー

http://www.libertywalk.co.jp/

ランボルギーニやフェラーリをはじめ、チューニングカー、軽自動車まで 幅広くケアするカスタムカーブランド“LB Performance”を、国内外に 広く展開するカスタムカープロデューサー。
車を愛するばかり、ビジネスを超越した活動にも力を入れ、特に子供達に 対する催しなども多く手掛けている。
LB Performance(*以下LB)は、スーパーカー“ランボルギーニ”を、 日本の“街道レーサー”というコンセプトでカスタマイズしたスタイルで、 専用エアロや、オーバーフェンダースタイル等のボディーキットをリリース。 過去、世界で誰もおこなっていない “ボディーをカットして後戻り出来ないカスタム”を形にし、2012年、 アメリカでの発表の後、瞬く間に世界中にその名は響き渡り、アメリカ、 ヨーロッパ、中東など世界中からLBのカスタムパーツのオーダーが殺到。
現在、フェラーリ、GT-R、BMWなど多くのボディーキットをリリースし その勢いは日々突き進む。
愛知県出身 趣味:車 好きな食べ物:アイスクリーム

ペイントアーティスト COBOO

http://naricob.com/

日本の伝統芸術“刺青”をモチーフに展開する作品の数々は、新しい日本のポップアート 提案と日本アイデンティティーの復活というテーマを軸に、キャンパス、造形などあらゆる 形で想いを表現するペインター。
2011年 名古屋、東京にてEXHIBITIONを開催 (東北地方太平洋沖地震で東京会場中止) 2013年には、NY ARTEXPOへ参加。 CARIFORNIAにも拠点調整中。
現在、2015年開催予定のEXHIBITIONに向けても制作に励む。 愛知県出身 趣味:DJ 好きな食べ物:ドーナツ